ここから本文です

トニ・ブラクストン、侵食性の皮膚病変の治療で入院していた

Billboard Japan 10/5(水) 18:15配信

 トニ・ブラクストンが狼瘡(ろうそう/侵食性の皮膚病変)のため入院していたことが明らかになった。彼女のスポークスウーマンいわく、ロサンゼルスの病院で治療のため数日間入院していたものの、現在は自宅にいるそうだ。

 女性スポークスマン、Maureen O'Connorが10月3日に発表したところによると、ブラクストンは“自宅療養中で良好な状態にある”という。ブラクストンは2010年、自己免疫疾患を患ってきたことを明らかにしている。

 また、O'Connorいわく、ブラクストンはシリアスな状態にあったわけではないものの、同疾患は常に観察しておかなければならない事を付け加えた。

 トニ・ブラクストンは、もうすぐ行われるツアーに向けたリハーサルを今週から始める予定だという。

最終更新:10/5(水) 18:15

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]