ここから本文です

仕事復帰の唯月ふうか、ファンに回復アピール「ただいま!」

クランクイン! 10/5(水) 20:34配信

 女優の唯月ふうかが5日、主演をつとめたWEBムービー『先生に恋した夏』の特別上映会に出席。8月の骨折入院から仕事復帰後、初めてファンの前に姿を現し、「ただいま!」と回復をアピールした。

【関連】『先生に恋した夏』特別上映会フォトギャラリー


 唯月は8月16日、主演舞台『ピーターパン』の稽古中の落下事故により、左眼眼窩底(がんかてい)吹き抜け骨折の重傷を負って入院。今月1日に退院し、4日放送のバラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京系)で復帰したばかり。当日は白いニットシャツを基調とした清楚な装いで登場し、声をかけられると「ただいま!」と笑顔をふりまいた。

 イベントには、サプライズゲスト・阿佐ヶ谷姉妹も登場。唯月とW主演をつとめた臨時美術教師役のイケメン・玉城裕規に「会いたかった」と話し、主人公をモチーフにした制服姿に扮して猛烈アタック。

 のっけから「すごいライバルが現れちゃった」と圧倒されていた唯月は、阿佐ヶ谷姉妹と軽快なやり取りを展開し、回復をアピールした。

 また終盤には、3人組音楽グループ「ベリーグッドマン(Rover、MOCA、HiDEX)」が、本作で担当する主題歌「Eye to Eye」の一部を阿佐ヶ谷姉妹とともに熱唱。上映前の会場を盛り上げた。

 WEBムービー『先生に恋した夏』は、生徒と美術部の教師の禁断の愛を描く短編ラブストーリー。ユーチューブで全8話(各話5分)を公開している。今回の上映会には唯月や玉城の他、ベリーグッドマン、阿佐ヶ谷姉妹、そしてOPテーマを歌うSoftly(MUTSUKI、HARUKA)が出席した。

最終更新:10/5(水) 20:34

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]