ここから本文です

レッドブル「我々の強さがハミルトンのトラブルを誘発した」

オートスポーツweb 10/5(水) 15:52配信

 レッドブルのモータースポーツアドバイザー、ヘルムート・マルコは、マレーシアGPで彼のチームが強かったことが、ルイス・ハミルトンのメルセデスF1エンジン故障を「招いた」と考えている。

2016年マレーシアGP フェルスタッペン、リカルドのために「シューイ」

 トップを走るハミルトンは、ピットストップ後に後方のレッドブル勢の前でコース復帰できるよう、ギャップを拡大しつつあったが、41周目にリタイアを喫した。その結果、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが1位と2位を獲得する結果になった。

「あの時、我々の方が確かに優位に立っていた。(ハミルトンの)エンジンが故障する原因を作ったのは我々かもしれない。その可能性が極めて高いと思う」とマルコはF1公式サイトのインタビューにおいて語った。

「彼は(我々に対して)ギャップを築く必要があった。そんな時に我々は1位の座を奪おうとして、彼にプレッシャーを与え続けたのだ」

「フルスロットルを永遠に続けさせるのは彼(ハミルトン)のエンジンにはたしかに良くはなかったと思うよ」

 だがマルコは自分たちが今回すば抜けて優勢なポジションにいたと考え、たとえハミルトンのエンジンが故障していなくともレッドブルは勝てたと語る。

「我々が強力に戦えるだろうことは分かっていた。だが、メルセデスの動向は常に気にかける必要がある」
「ここでメルセデスに対抗できる力があることを我々自身が理解するのに、少し時間がかかってしまった」
「週末の初めには自信があまりなかったが、予選で我々はフェラーリを明らかに上まわり、メルセデスとの差がさほど大きくないことを知った」

「ハミルトンがあの時リタイアしていなくても、我々はポテンシャルを隠し持っていた。どれだけのものかは言わないがね。ただふたりに違う戦略を採らせて(フェルスタッペンの方が1回多くピットストップ)、レース終盤にハミルトンに挑戦するつもりだった」

 レッドブルはドライバーたちにレース終盤のポジションを維持するというチームオーダーは出さなかった。またマルコは、フェルスタッペンがリカルドに挑戦するのをやめたのは、フェルスタッペンの方がチームメイトよりタイヤを酷使していたからだと、述べている。

「マックスはとても速かったが、同時にタイヤを酷使していた。そのために彼は予想していたよりもデグラデーションがひどかった。それが彼の不利につながったのだ」


「彼はタイヤの状態を把握していた。1周ごとにグリップを失っていったんだ。だからポジションを維持することに彼は何の問題も感じなかった」

「我々は彼に言ったんだ。『このままのスピードで続ければあと数ラップでフロントタイヤが終わってしまうだろう。そして何の成果もなしに手ぶらで帰るはめになるぞ』とね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/5(水) 15:55

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]