ここから本文です

トヨタ加入も噂されたヌービル、ヒュンダイと契約延長

オートスポーツweb 10/5(水) 23:43配信

 世界ラリー選手権(WRC)に参戦するヒュンダイは、2017年もティエリー・ヌービルを継続起用すると発表した。ダニ・ソルド、ヘイデン・パッドンを加えた3名で来季のWRCに挑む。

 一時はシトロエンやトヨタが獲得を望んでいると報じられたヌービルだが、最終的にヒュンダイ残留を選択。契約を2年間延長した。

「ヒュンダイ・モータースポーツとの契約を2年間延長することができて嬉しく思う」とヌービル。

「僕には残留以外の選択肢もあったけれど、チームに留まりさらなる成功を目指す方が論理的な選択に思えたんだ。それに2017年シーズンはレギュレーション変更によって、WRC新時代の幕が上がる」


「僕はヒュンダイがWRCに参戦を開始した時からチームとともにいる。僕のキャリアハイライトである(2014年の)ラリー・ドイツ初優勝も、ヒュンダイのメンバーと成し遂げたことだ」

「来年登場の新車でより高い目標を狙っていく。今からどういったシーズンになるか待ち遠しいよ」

 なお、ヌービルはチームに残留するか不透明だったため、これまで17年型i20 WRCのテストには参加してこなかった。そのため今回の契約延長により、ヌービルは速やかにテストチームに合流することを望んでいる。

 ヒュンダイ・モータースポーツ代表のミシェル・ナンダンは「ティエリー(・ヌービル)は我々にとって貴重な戦力。彼との契約を2年間延長できて満足だ」とコメントした。

「ティエリーとは、いい瞬間も悪い瞬間も共有してきた。しかし、全体的にみれば、お互いに刺激を与えながら成長できていると思う」

「これで、我々は来季の布陣を固めることができた。これで今年残りのラウンドと来季に向けた開発に集中できる」

 フォルクスワーゲンは来季も今季と同様のラインアップを維持するほか、シトロエンもドライバーラインアップを発表済み。WRC最上位クラスを戦うチームのうち、ラインアップを明らかにしていないのはトヨタとMスポーツ(エリック・カミリの残留は決定済み)の2チームのみとなる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/5(水) 23:47

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。