ここから本文です

「苦ないがいぜ!」「あご落ちっちゃ~」 富山弁で面白CM、西島秀俊が熱演

北日本新聞 10/5(水) 22:40配信

■森永チョコ、きょう6日から放送

 「あご落ちっちゃ~」。俳優の西島秀俊が、森永製菓のチョコレート「カレ・ド・ショコラ〈カカオ70〉」の新CMで県出身の男性を演じ、富山弁で商品のおいしさをアピールする。6日から全国で放送される。

 新CM「気取らないおいしさ編」は、スーツ姿の西島がバーで友人を待っている設定。マスターから差し出されたチョコを口にし、「こ、ぜんぜん苦ないがいぜ!」「あれ~うまいっちゃ~」と、富山弁で興奮気味においしさを語る。

 後から店にやってきた友人役の男性も「かんに! かんに!」と遅れたことを方言で謝る手の込みよう。2人のセリフに合わせ「これ、ぜんぜん苦くないよ!」と標準語に訳したテロップが付くユニークな仕上がりになっている。

 方言は、砺波市を拠点に活動する「劇団すばる」の団員、坂本好信さん=高岡市=が東京に出向いて指導した。坂本さんによると、2、3時間のレクチャーの中で西島は、発音を何度も繰り返して確かめ、「難しい」と話していたという。

 森永製菓は富山弁を採用した理由を「素朴でかわいらしいところに注目した」と説明。担当者は「日本で一番おいしいチョコを目指して作った商品。気軽に食べてもらえるよう、富山弁とともに紹介したい」と話している。CMは同社ホームページでも見ることができる。

北日本新聞社

最終更新:10/5(水) 22:40

北日本新聞