ここから本文です

オスプレイが米海軍病院に離着陸 沖縄県議会で公室長答弁

沖縄タイムス 10/5(水) 7:40配信

 沖縄県議会(新里米吉議長)は4日、台風で延期された一般質問の3日目を開き、与党の9人が登壇した。

 謝花喜一郎知事公室長は、キャンプ瑞慶覧内の米海軍病院で急患やVIPの輸送に使うヘリパッドに、沖縄国際大学で墜落したCH53ヘリや、県が配備に反対するMV22オスプレイなどが離着陸していると明らかにした。宮城一郎氏(社民・社大・結)への答弁。

 宮城氏は、跡地利用計画が進む西普天間住宅地区と海軍病院が「フェンス1枚を隔てた隣だ」と述べ、危険性を指摘した。

 県公安委員会の天方徹委員は東村高江で米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民らが機動隊の警備を「不当弾圧」などと指摘していることについて「県警の活動は違法行為などに対処するもの。『弾圧』や『不当弾圧』は主観的で若干、扇動的で必ずしも正しい表現ではない」との考えを示した。嘉陽宗儀氏(共産)に答えた。

 旅館業法に基づく許可を受けずマンションやアパートの部屋を有料で貸す「ヤミ民泊」の実態調査について、砂川靖保健医療部長は観光業界を対象とした中間まとめでは、約6割が許可を得ていると回答したことを明らかにした。平良昭一氏(おきなわ)への答弁。

 政府が始めた「沖縄地域安全パトロール隊」の業務が国の出先17機関の職員に拡大していた件で、謝花知事公室長は4日から沖縄総合事務局と沖縄防衛局のみでパトロールしていると明らかにした。今後は2機関の管理職員や非常勤職員の計100人が50台の車両でパトロールする。上原正次氏(おきなわ)へ答えた。

 このほか、瑞慶覧功氏(おきなわ)、西銘純恵氏(共産)、狩俣信子氏(社民・社大・結)、渡久地修氏(共産)、照屋大河氏(社民・社大・結)が質問した。

 4日に開かれた議会運営委員会で一般質問を1日追加し、最終日となる5日に10人が質問することを決定。会期日程の変更で常任委員会は当初の3日間から2日間となった。

最終更新:10/5(水) 20:55

沖縄タイムス

なぜ今? 首相主導の働き方改革