ここから本文です

苦境続くデパイ、マンU退団の可能性を示唆「契約だけで幸せは感じない」

SOCCER KING 10/5(水) 11:56配信

 マンチェスター・Uに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが、出場機会を得られないままなら退団する可能性があると示唆した。4日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 現在22歳のデパイは、昨夏にPSVからマンチェスター・Uに加入。背番号「7」を託されるなど期待されたが、昨シーズンは29試合出場2ゴールを記録するにとどまった。今シーズンに入ってもリーグ戦全てベンチスタートで、出場3試合でわずか12分のプレー機会しか与えられていない。

 デパイは、現在の心境について「僕はサブでいたいわけではない。マンチェスター・Uと契約しているだけで幸せを感じることはないね。このクラブは僕の夢だけど、プレーはしたいんだ」と不満を吐露。このまま出場機会を得られないなら、退団の可能性もあることを示唆した。

 また、今夏からチームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の影響については「トレーニングは良くなっているし、僕もキレを取り戻せている。みんなもそうなんだけどね。レベルはより高くなっている。モウリーニョ監督はトップレベルの指導者だ」と、手腕を称賛した。

 マンチェスター・Uとは、2019年まで契約を結んでいるデパイ。「トップチームでの出場チャンスを待たなければならない。このクラブが夢だし、自分のポジションを獲得するために戦いたいと思うよ」と、出場機会を得られるまでしばらくは努力したいと口にした。

SOCCER KING

最終更新:10/5(水) 11:56

SOCCER KING