ここから本文です

オーバメヤン、古巣ミラン復帰の可能性を否定せず「関係は今でも良好」

SOCCER KING 10/5(水) 17:21配信

 日本代表MF香川真司ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、古巣ミランに復帰する可能性があることを明かした。

 世界屈指の快速を誇るオーバメヤンは、フランス誌『Onze』のインタビューで、「ずっとレンタルで移籍し続けるのは厳しかった。今はミランが自分のことを放出したことを多少は後悔していると思うよ」と、2011年まで所属していたミラン在籍時代を振り返った。

 また、「それでもミランとの関係は今でも良好だ。(5月の)チャンピオンズリーグ決勝ではガッリアーニ副会長と会った。彼は『すぐに戻ってくることはないとわかっているが、もしいつの日か君が望むのであれば、我々は復帰を歓迎する』と言ってくれた。僕は『喜んで』と伝えたよ」と話し、ガッリアーニ副会長とのエピソードを打ち明けている。

 現在27歳のオーバメヤンは、ミランの下部組織出身。2008年から3シーズン連続でレンタル移籍でフランス各クラブを渡り歩き、2012年にサンテティエンヌに完全移籍した。2013年からはドルトムントに加入し、直近の2シーズンでリーグ戦41ゴールを記録している。今シーズンに入ってもリーグ戦5試合で5得点を挙げており、世界でも注目されるストライカーの1人となっている。

SOCCER KING

最終更新:10/5(水) 17:21

SOCCER KING