ここから本文です

アーセナルと相思相愛? 仏期待の22歳MFが移籍に前向き「夢のクラブ」

SOCCER KING 10/5(水) 16:33配信

 リヨンに所属するU-21フランス代表MFコランタン・トリソが、関心を報じられているアーセナルを「夢のクラブの1つ」と表現し、移籍へ前向きな意向を示した。フランス誌『フランス・フットボール』でのコメントを、イギリスメディア『スカイスポーツ』が引用して報じている。

 トリソは今夏の移籍市場でナポリからの関心を報じられ、移籍が合意目前とも伝えられていたが、リヨン残留が決定。昨シーズンはリーグ・アンで33試合出場5ゴールを記録するなど中心選手として活躍したが、今シーズンも第8節終了時点で全試合に出場し、3ゴールを挙げて存在感を見せている。

 現在はアーセナルからの関心を報じられているトリソが、自身の今後について言及。「多くのクラブ、レアル・マドリードやバルセロナ、そしてアーセナルのようなイングランドのクラブが自分に夢を与えてくれる」とコメントし、ビッグクラブへの移籍を望んでいることを明かした。

 関心を報じられる中でアーセナルの名前を挙げたことで、トリソのコメントはイギリスの各メディアから注目されることとなった。同選手は「プレミアリーグが大好きだし、自分も注目されていると思うよ」と話しており、アーセナル移籍へ前向きな姿勢を示している。

 トリソは1994年生まれの22歳。パスワークと得点力を備えた万能型のMFで、リヨンの主力選手として中盤を支えている。今夏にナポリが獲得へ動いたように、複数のビッグクラブから関心を集める存在となることが予想され、A代表招集にも期待がかかる選手だ。今後、どのようなキャリアを歩むことになるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:10/5(水) 16:33

SOCCER KING