ここから本文です

中国クラブ、バルサからの“爆買い”狙う マスチェラーノに巨額オファーか

SOCCER KING 10/5(水) 16:56配信

 サッカー界を激震させた“爆買い”の動きが、再び生じているようだ。スペイン紙『アス』は5日、中国スーパーリーグに所属するクラブが、バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノの獲得を狙っていると報じた。

 報道によると、マスチェラーノに対しては今年4月にも、中国のクラブから巨額オファーが届いていた。当時の提示額は5000万ユーロ(約57億6000万円)とのことで、同選手は断りを入れたという。

 そして今夏の移籍市場で、マスチェラーノはユヴェントス移籍の可能性を取り沙汰された。一時は移籍が有力視されていたものの、バルセロナ残留が決定。同クラブのプロスポーツ部門でディレクターを務めるアルベルト・ソレル氏は7月27日、契約延長で合意したと明かしている。

 しかし今回の報道によると、マスチェラーノは現時点で新契約にサインをしていないという。来シーズン限りとなっている現行契約は更新されていないようだ。中国のクラブは再びマスチェラーノの獲得へ向けて動いているようで、前回よりも高額の条件を提示することも十分に考えられる。

 なお、バルセロナ側はマスチェラーノに2021年までの新契約を用意している模様。満了時には37歳となる長期契約だが、同選手は母国の古巣リーベル・プレートで選手生活を終える意向を持っているとも報じられており、どのような形で交渉が決着するか、今後の動向が注目される。

 1984年生まれで現在32歳のマスチェラーノは、2010年夏にリヴァプールからバルセロナに移籍。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラ32試合に出場し、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)との二冠獲得に貢献した。今シーズンはリーガ・エスパニョーラ第7節終了時点で4試合に出場。9月17日の第4節レガネス戦でバルセロナ加入以来174試合ノーゴールとなり、クラブのリーグ戦連続無得点記録を更新。10月5日時点で“珍記録”を「175」に伸ばしている。

SOCCER KING

最終更新:10/5(水) 16:56

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報