ここから本文です

6日の日本戦に意気込むイラク「勝ち点3は至上命題」「負けるつもりはありません」

ゲキサカ 10/5(水) 14:53配信

 6日に日本代表とW杯アジア最終予選を戦うイラク代表が来日し、日本国内で調整を続けている。日本サッカー協会(JFA)によると、来日翌日の4日から冒頭15分を除いた2時間の非公開練習に取り組んだ模様。5日には公式練習を実施し、6日の日本戦に向かう。



 コメントしたMFアムジェド・ワリード・フセインは「非常にタフな試合になると思いますが、勝ち点3の獲得はイラクにとって至上命題。しっかりと調整を行い、試合に臨みたい」と意気込む。DFアハメド・イブラヒムも「日本戦に向けて準備は万端にしてきました。我々は過去2戦で勝ち点6を失っています。日本との試合は簡単ではないと分かっていますが、負けるつもりはありません」と力強く話している。

 キックオフは6日の19時35分。埼玉スタジアムのチケットは前売りで完売しているため、当日券の発売はない。テレビ朝日系列とNHK-BS1で生中継される。

最終更新:10/5(水) 14:53

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革