ここから本文です

三浦春馬 幸せスマイル…交際順調の証?熱愛報道後、初の公の場

デイリースポーツ 10/6(木) 5:00配信

 俳優・三浦春馬(26)が5日、東京・渋谷の東急シアターオーブで、初日を迎えたブロードウェイミュージカル来日版「キンキーブーツ」(30日千秋楽)のレッドカーペットに出席。世界的に注目されているダンサー・菅原小春(24)との熱愛報道後、初めて公の場に姿を見せた。

 スーツ、シャツを黒で統一したスタイリッシュな装いの三浦が、俳優・小池徹平(30)とともに姿を見せると、ファンから黄色い声援が飛んだ。ボードにサインを書き、手を振ると、再び大きな歓声が沸き起こった。

 終始、笑顔でイベントを終えた三浦は、去り際に報道陣から「交際は順調ですか?」「彼女とは見に行きたい?」と質問が飛んだ。無言だったものの、さわやかスマイルで白い歯がこぼれ、順調な交際をうかがわせた。

 三浦は今年8月に菅原がパーソナリティーを務めるJ-WAVE「SUGAR WATER」に出演し、関係が深まったという。交際期間は1~2カ月で、都内などでデートする様子が目撃されていた。三浦の所属事務所は交際について「プライベートは任せています」と否定しなかった。

 三浦は今年7月から9月まで東京と大阪で、小池とダブル主演で「キンキー-」日本版に出演。ドラァグクイーン(女装した同性愛者の男性)のローラ役を演じ、女装姿が話題になった。この日から始まった来日版に関しては、「本当に楽しみにしてました。先陣を切って楽しみたい」と声を弾ませた。

最終更新:10/6(木) 5:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]