ここから本文です

BMW米国販売4.6%減、SUVは35%増 9月

レスポンス 10/6(木) 8:15配信

BMWの米国法人、BMWオブノースアメリカは10月3日、9月の米国新車販売の結果を発表した。BMWブランドは2万5389台を販売。前年同月比は4.6%減と、引き続き落ち込む。

画像:BMWの米国主力車

BMWブランドの2万5389台の内訳は、乗用車系が17%減の1万6807台と、2か月連続で減少。ライトトラック系(SAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル)は34.8%増の8582台と、2か月連続のプラス。

乗用車系では、主力車種の『3シリーズ』が7432台。前年同月比は18.7%減と、減少が続く。『5シリーズ』は1521台を売り上げ、前年同月比は62.5%減と、2か月連続のマイナス。『2シリーズ』は前年同月比9.4%減の977台と、2か月連続のマイナス。『7シリーズ』は新型投入の効果で、1201台。前年同月のおよそ9倍と、5か月連続の前年超え。

SUVでは主力の『X3』が、前年同月比26.2%増の3829台と、プラスを維持。『X1』は、前年同月の2.9倍の2463台と、2か月ぶりの前年超え。『X6』は81.4%増の604台と、3か月連続で増加。『X4』は15.8%減の400台と、3か月連続で減少。『X5』は48.5%増の3749台と、2か月連続のプラスとなった。

BMWブランドの2016年1‐9月米国新車販売は、前年同期比7.9%減の23万0133台。BMWオブノースアメリカのLudwig Willisch社長兼CEOは、「再びSAVが牽引した。9月の販売の44%がSAV」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/6(木) 8:15

レスポンス