ここから本文です

ニュージーランド航空、大阪市内でシート体験会 大型トラック搭載、14日から

Aviation Wire 10/6(木) 13:46配信

 ニュージーランド航空(ANZ/NZ)は10月14日と15日、ボーイング787-9型機のシート体験会を大阪市内で開催する。大型トラックに搭載し、11月に運航を再開するオークランド線の需要獲得を狙う。

 「B787-9 ドリームライナー・ツアー」で、787-9のプレミアムエコノミーと、横一列3席が平らなソファになるエコノミークラスのシート「スカイカウチ」を展示する。体験会のほか往復航空券が当たる、Facebookへの写真投稿キャンペーンや客室乗務員との記念撮影、模型飛行機などが当たる抽選会も実施する。

 14日は難波のYES NAMBA正面入口前で午前10時から午後5時15分まで、15日は梅田のヨドバシ梅田 1F東エントランス前で午前10時から午後7時まで開催する。

 ニュージーランド航空は現地時間11月4日、オークランド-関西線の運航を再開。機材は787-9を投入する。水曜と金曜、日曜の週3往復で、ニュージーランドの夏期にあたる2017年3月26日までの季節便として運航する。

---運航スケジュール---
NZ97 オークランド(10:30)→関西(17:25)運航日:水金日
NZ98 関西(21:00)→オークランド(翌日11:35)運航日:水金日

Yusuke KOHASE

最終更新:10/6(木) 13:46

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。