ここから本文です

<勇者ヨシヒコと導かれし七人>生配信中の会見で佐藤二朗が福田雄一監督をビンタ!

まんたんウェブ 10/6(木) 14:02配信

 俳優の山田孝之さん主演、福田雄一さん監督・脚本の人気ドラマシリーズ第3弾「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京)の会見が6日、東京都内で開かれ、主要キャストが出席。会見はLINE LIVEで生配信されたが、撮影スケジュールを巡る“イジり”が行き過ぎ、佐藤二朗さんが福田監督を思わずビンタしてしまう一幕も。福田監督は「監督を生放送でビンタ!」と打たれたほおを押さえながら驚きの表情を浮かべ、周囲の笑いを誘った。

【写真特集】紅一点、木南晴夏がかわいい 佐藤二朗&福田雄一は一触即発?

 ドラマは、山田さん演じるお人好しで純粋な勇者ヨシヒコが、気が強くて口が悪いムラサキ(木南晴夏さん)、微妙な魔法を使うメレブ(ムロツヨシさん)、熱血漢の戦士・ダンジョー(宅麻伸さん)が、うさんくさい仏(佐藤さん)から毎回適当なお告げを受けて珍道中を繰り広げるドタバタコメディー。2011年に「勇者ヨシヒコと魔王の城」が放送され、ナンセンスなギャグ満載の展開と“低予算”と銘打ったハリボテのモンスターや小道具が受け、12年に続編「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」が制作された。

 第3弾は、ヨシヒコが暗黒の神・デスタークとの戦いに勝利し、世界を救ってから数百年後が舞台。世界は再び暗黒の時代に変わり、仏の力でよみがえったヨシヒコ一行は、天空の魔王を倒すよう告げられる。天空の魔王には弱点が七つあり、そのすべてを攻撃しなければ倒すことはできない。弱点はそれぞれ運命づけられた人間だけが攻撃できると聞き、ヨシヒコ一行は再び世界を救うための運命の7戦士を探す旅に出る……というストーリー。7日から同局の毎週金曜深夜0時12分の「ドラマ24」枠で放送される。

 会見には山田さん、木南さん、ムロさん、宅麻さん、佐藤さん、福田監督が出席。会見の前にファンと一緒に第1話を鑑賞した山田さんは「第1話、面白かったです。2話以降も期待しています」と話すと、「いやいやいや視聴者じゃないんだから」とムロさんらに思わず突っ込みが入った。唯一、第1話鑑賞を“回避”した福田監督は「お客さんと(自分の作品を)見るなんて、磔(はりつけ)。胃に穴が開く」と意外と小心者であることを明かした。

 山田さんはドラマの第3弾が制作されると知り「うれしかった」といい、「前回が終わった時にまだ、もう一回やるべきだなって。撮影入る1年半前くらいに福田さんに会って、話をして、準備をして、やっとクランクインできたので、うれしかったです」としみじみと語った。

最終更新:10/6(木) 16:26

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]