ここから本文です

3Dプリンタをインターネットから監視できるIoTデバイスを発表

MONOist 10/6(木) 6:55配信

 ミリメーターは2016年8月30日、3Dプリンタをインターネット経由で監視可能にするIoT(モノのインターネット)デバイス「3DプリンターIoTキット」を発表した。同年12月より、販売を開始する。

【その他の画像】

 同キットは、「RepRap」プロジェクトのオープンソースを利用して開発した3Dプリンタを、インターネットに直接接続できるようにする製品だ。ネットワーク経由で印刷状況などを把握できるため、監視コストを削減し、生産効率を高めることができるという。

 ネットワークからの3Dファイル(gcode)のアップロード・印刷のほか、ホットエンド/ヒートベッド温度設定、タイムラプス映像作成、USBカメラによるリアルタイム中継、出力中gcodeのヘッド軌跡リアルタイム描画などの機能を備えている。

 さらに、同社が独自に組み込む機能として、独自のgcodeスクリプトによるフィラメント交換の指示出し、印刷コスト計算、印刷状況のパーセント表示(液晶搭載の3Dプリンタのみ)、現在出力中高さ表示、コミュニケーションツール「slack」へのメッセージ連携、各種Iotサービスに連携できるMQTT連携なども提供する。

 価格は3万円(税別)の予定。同社では今後、3Dプリンタのオプションとして購入できるように、準備を進めるとしている。

最終更新:10/6(木) 6:55

MONOist