ここから本文です

ロジムーンなど、サウジアラビアRC厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 10/6(木) 18:51配信

 10月8日(土)に東京競馬場で行われる2歳馬による重賞、サウジアラビアロイヤルC(GIII・芝1600m)に出走する注目馬の関係者のコメント。

ロジムーン(牡2・美浦・萩原清)について、萩原調教師。
「追い切りの動きはまずまずで、前回(未勝利・1着)と変わりない状態です。センスのいい走りで一戦ごとにレース振りは良化しています。重賞でどこまでやれるか、期待しています」

ブレスジャーニー(牡2・美浦・本間忍)について、本間調教師。
「今週は火曜日が全休日と変則日程なので、木曜日に追いました。前走(未勝利)を勝った後は、夏負け気味だったので、近郊ではなく北海道に放牧に出しました。ただ今年の北海道は雨が多くてジメジメしていましたから、朝涼しい時間帯に乗って調整してもらいました。今週は2頭を前に行かせて後ろから追いかける形の追い切りで、2週続けてジョッキーが乗って感じを見てくれています。あとは馬の力と展開次第でしょう」

バリンジャー(牡2・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
「前走(函館2歳S・GIII・6着)は出遅れてしまいましたが、中間はゲート練習をしていますし、大丈夫でしょう。今週の追い切りも素軽かったですし、状態は良いですね。気性的に難しい面があるので、あまり苦しい思いをさせないように短い距離を使ってきましたが、競馬では難しい面は全く見せていません。ここまで思い通りに調整できていますし、このメンバーの中で良い競馬をしてほしいです」

ウィンドライジズ(牡2・美浦・牧光二)について、牧調教師。
「最初は短いところが合っていると考えて1200mを使いましたが、前走(未勝利・1着)は1500mで強い競馬をしてくれましたし、距離が延びたのも良かったです。今週の追い切りは全体時計が遅くなりそうだったので、途中から少し動かしていきましたけど、動きは良かったです。体調は悪くないですし、あとは競馬場に着いてからの落ち着きが鍵になるでしょう」

セイウングロリアス(牡2・美浦・武市康男)について、内田博幸騎手。
「前走(アスター賞・500万下・9着)はイレ込んでいましたね。攻め馬ではそういう面はあまり見せませんし、2走前に勝った時もそれほどでもなかったのですが、前走は当日輸送が影響したのかもしれません。広いコースで伸び伸び走らせるのが合いそうなので、東京コースも良いでしょう。前走のようなことはないと思いますし、この馬の力を出すことができれば頑張ってくれると思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:10/6(木) 18:51

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]