ここから本文です

小国「グスマン台風の目」に飛び込む KO率100%王者相手に勝算あり

デイリースポーツ 10/6(木) 6:01配信

 ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級王者、ジョナタン・グスマン(27)=ドミニカ共和国=に12月31日(会場未定)に挑戦する前日本・元東洋太平洋同級王者の小国以載(28)=角海老宝石=が5日、都内のジムでミット打ちなど練習を行った。

 7月に和気慎吾(古口)を11回TKOで下し、22勝(22KO)無敗の王者。和気を打ち砕いた衝撃は記憶に新しいが、小国には勝算がある。

 「彼はビッグマッチを狙う上でKO記録に傷をつけたくないはず。フルマークで勝っていても最終ラウンドは逃げずに必ず倒しに来る。立ってさえいればチャンスがある。グスマンと聞いておいしいと思った一番の理由はそこ」と冷静だ。

 攻略のポイントについて「下がると速い右フックにやられる。ある程度前で外す。台風の外側を避けて目の中に入れば多少抑えられると思う」と懐に飛び込む覚悟だ。16日にはフィリピンからスパーリングパートナーが来日。打倒グスマンへ本格的に取り組む。

最終更新:10/6(木) 7:19

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革