ここから本文です

<バーナード嬢曰く。>話題のアニメがハヤカワ文庫と「読破したふり禁止フェア」 ディックやブラッドベリの帯に

まんたんウェブ 10/6(木) 16:24配信

 “読書家あるある”がテーマのテレビアニメ「バーナード嬢曰く。」とSFやミステリーなどを刊行しているハヤカワ文庫(早川書房)がコラボすることが分かった。同作のキャラクターが愛読しているハヤカワ文庫の作品を集めた「読破したふり禁止フェア」が10月中旬から全国の書店で行われる。

【写真特集】“読破したふり”は禁止です 可愛い帯が欲しくなる…

 フェアでは、ハヤカワ文庫の「ユービック」(フィリップ・K・ディックさん)、「世界の中心で愛を叫んだけもの」(ハーラン・エリスンさん)、「ザ・ロード」(コーマック・マッカーシーさん)、「エンダーのゲーム[新訳版]」(オースン・スコット・カードさん)、「華氏451度[新訳版]」(レイ・ブラッドベリさん)に、「バーナード嬢曰く。」の町田さわ子や神林しおりらが描かれた帯を付けて販売する。

 「バーナード嬢曰く。」は、「月刊ComicREX」(一迅社)で連載中のマンガが原作。名著を読まずに読書家ぶりたい“バーナード嬢”こと町田さわ子と、読書家の友人たちの日常を描いている。テレビアニメはテレ玉ほかで6日深夜から順次放送される。

最終更新:10/6(木) 16:26

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]