ここから本文です

ディズニー、『ムーラン』実写版を製作へ

cinemacafe.net 10/6(木) 14:30配信

ディズニーが実写版『ムーラン』が2018年に公開されることを発表した。

ヒロインのファ・ムーランをミン・ナが、赤竜のムーシューをエディ・マーフィがそれぞれ担当した1998年作が、より特別な意味合いを持った精巧なストーリーで生まれ変わるようだ。

【写真】ミン・ナ/フォトギャラリー

2018年11月2日(現地時間)の公開を視野に急ピッチで製作が進められており、ディズニーはムーランを演じる中国人女優を探しているところだという。

ディズニーは同作の版権を昨年に獲得しており、リック・ジャッファとアマンダ・シルヴァーのコンビが脚本を執筆する予定になっている。

『ムーラン』は年老いた父親の代わりに少年の格好をして軍隊に入り、友だちで守り神でもある竜のムーシューと共に戦争に参加する姿が描かれた作品だ。

ディズニーはつい先日、1994年作『ライオン・キング』をジョンファヴロー監督のもとで実写化することを発表していたばかりだ。今年に公開された『ジャングル・ブック』のメガホンを取ったファヴローはその名作の実写化を楽しみにしていると発表していた。

(C) BANG Media International

最終更新:10/6(木) 14:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]