ここから本文です

“ナップンナムジャ” 微笑みの貴公子ソン・ヨンハンを知っていますか?

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/6(木) 19:12配信

◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF 初日(6日)◇石岡ゴルフ倶楽部(茨城)◇7071yd(パー71)

【画像】サングラスを外すとこんな美顔 ソン・ヨンハン

バーディパットを沈めて、ニコッと微笑めば、ロープ外からは女性たちの甘い吐息が漏れる。韓国出身のソン・ヨンハン(宋永漢)が7バーディ、1ダブルボギーの「66」をマークして、首位と2打差4位の好発進を切った。

インからスタートしたソンは、クラブハウスリーダーを見据えた最終9番。ティショットを右ラフに曲げると、ラフを渡り歩いて第3打はバンカーへ。4オン2パットのダブルボギーとし、5アンダーグループに順位を落としてホールアウトした。「(終盤までは)すごくいいゴルフ。ピンチはなかった。(特別)これが良かった、というのではなくて、簡単なマネージメントでゴルフができた」と1日を振り返った。

優しい目とベビーフェースをサングラスで隠す25歳。NHK朝ドラで一躍有名になった俳優、ディーンフジオカを思わせる甘いマスクの持ち主だ。魅力なのは、その整った容姿だけではない。今季、国内男子&アジアンツアー共同主管で行われた「SMBCシンガポールオープン」で初優勝。4月の「パナソニックオープン」を除く、出場した国内12試合で予選通過を果たす安定感が光る。現在賞金ランク5位につけ、実力を備える新星だ。

その状況に、「ありがたく思っている。(賞金ランク)上位にいられることで、いい心持ちで毎試合、臨めている」と語りながら、「もっと頑張りたい。優勝したいなぁ・・・」と、次第にその声は小さくなった。勝利欲と、それを沈める心の距離感をうまくコントロールしているようで、器用な一面も垣間見える。「あなたの良い所は?」と尋ねると、「優しいです」と、なんともソフトな答えが返ってきた。

通訳によれば、「とても温厚な性格。プレー中もほかの選手への配慮を忘れない。でも優しいだけじゃない。勝負どころでは、しっかりとした決断力、オトコを見せるんです」という。韓国語で言えば、“ナップンナムジャ(悪いオトコ)”というのが、ソンを表現するに相応しい言葉だそうで、日本語のニュアンスなら“男気のある”という単語が当てはまるのかもしれない。

彼の温厚な性格を表すエピソードもある。ゴルフを始めたのは12歳の頃。父がプレーしていたことがキッカケだった。ほかにサッカーを経験したが「サッカーは体を激しく使うスポーツ。人と競い、ぶつかりあったりする。僕の性格には合わないのかなって・・・」。柔和に、さらりと言ってのける違和感のない回答。「貴公子」、「王子」・・・そんな言葉がピッタリで、女性ファンが急増中なのも頷ける。ソン様、いやソン・ヨンハンを覚えて下さい。(茨城県小美玉市/糸井順子)

最終更新:10/12(水) 14:08

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。