ここから本文です

BABYMETALがWestoneのインイヤーモニターをステージ機材に採用

CDジャーナル 10/6(木) 17:00配信

 9月19日、20日の2日間に亘り東京ドームにて公演〈BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT〉を行ったBABYMETALが、同公演にて「テックウインド株式会社」が取り扱う米「Westone」社製インイヤーモニター・イヤフォンのカスタムモデル「ES60」をステージ用機材として採用。今後予定されているライヴでも引き続き使用することが発表されています。

 Westone社は1959年の創業以来50年以上の歴史を持つイヤーモニターの老舗メーカー。「絶対の品質、ユーザーフレンドリー、効率的なサービス」という三原則を掲げてイヤーモニター市場に多くの製品を送り出してきました。BABYMETALはSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALのメンバー全員がカスタムモデル「ES60」を着用してステージに臨んでいます。

 Westone製のカスタム・インイヤーモニターは、これまでにも多くのミュージシャンに愛用されており、米国はもちろん日本国内でも二井原 実(LOUDNESS)、ピエール中野(凛として時雨)、杏里、TERU(GLAY)、TAKURO(GLAY)などがステージ上で使用。今回採用された「ES」シリーズは、高品質に妥協を許さないバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載し、装着時の体温によって柔軟性を増して密閉性を高めるシリコン素材「フレックスカナル」を採用しているのが特長。プロ用機材ながらコンシューマー市場でも販売されており、現在「ES60」(オープン価格 150,000円前後)、「ES50」(オープン価格 150,000円前後)、「ES30」(オープン価格 140,000円前後)、「ES20」(オープン価格 110,000円前後)、「ES10」(オープン価格 70,000円前後)の5機種を販売中。

最終更新:10/6(木) 17:00

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]