ここから本文です

日本ハム・大谷CS大丈夫?紅白戦1回2失点「気持ちも入っていなかった」

デイリースポーツ 10/6(木) 6:04配信

 「日本ハム紅白戦、白組9-2紅組」(5日、札幌ドーム)

 第1戦の大役、大丈夫?日本ハム・大谷翔平投手(22)が5日、札幌ドームで行われた紅白戦に先発し、1回で25球投じ、3安打2失点。最速は156キロ止まりだった。先発が内定しているCSファイナルS第1戦へ向けて不安を残した。

 味方が相手とはいえ、力感は影を潜めた。球威、制球ともに本来とはほど遠い内容に、降板後は「ちょっと抜けたりして、あんまり良くなかったですね。気持ちも入っていなかった」と首をひねった。

 シーズン終了後に2日間の休養が与えられたが、疲労は完全に抜け切っていないのか。チェンジアップ以外の全球種を投じるも「全部、遅かった」と振り返る。初回1死一、三塁では、直球勝負で挑むと宣言していたレアードを迎えるや、球速が急激に落ちた。初球は142キロ直球がボール。そして2球目の137キロ直球をフルスイングされた打球は高々と上がり、札幌ドームの天井を直撃。初の天井安打を浴び苦笑いした。

 昨年、開幕先発を務めたCSファーストSではロッテ打線に2回2/3を5失点。調整の失敗も要因に挙げられていたが、今年は同じ失敗を繰り返さないと誓う。「時間はある方なので(先発する)1戦目に向けてしっかりやっていきたい」。12日の初戦先発までの6日間で立て直す。

最終更新:10/6(木) 7:21

デイリースポーツ