ここから本文です

宮崎翔太が同名の主人公演じる、オモコロ発・どろり原作の舞台で

コミックナタリー 10/6(木) 10:00配信

どろり原作による舞台「あの子と遊んじゃいけません」のメインキャストが発表された。

同作の主人公となる翔太役を演じるのは、ミュージカル「忍たま乱太郎」にて田村三木ヱ門を演じた宮崎翔太。またヒロインの麻里役は舞台「東京喰種トーキョーグール」で神代利世役を務めた浜田由梨が、舞台オリジナルキャラは永咲友梨がそれぞれ担当する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Webサイト・オモコロに掲載されている、数々の“どろり式ディストピアギャグ”を収録した「あの子と遊んじゃいけません」。舞台は劇団た組。の番外記念公演として、12月14から18日までLIVESTAGEほっぢポッヂにて上演される。「友人宅全焼」のエピソードを軸に、「絶頂」「神様からのメッセージ」などの短編を織り交ぜながら“おかしくなってしまった町に気付いた人”を描く、舞台版ならではのストーリーが展開される。チケットは11月3日に発売。

宮崎翔太コメント
演出の加藤拓也氏とは3度目。奇書と言われる原作と彼の独特な世界観に吸い込まれながらも自分にしかできないモノになれば良いなと思います。役も「翔太くん」ということで、何か運命的なものを感じます。

浜田由梨コメント
今回出演させていただくことになり、演出の加藤さんとお会いする前に作品を読ませていただきました。不思議な面白さと奇妙な怖さのある作品で、加藤さんのお話も聞かせていただいた上で更に舞台上で一体どんな作品になるのか私もいまとても楽しみにしています!! 私が感じた独特な世界観を、ぜひ皆様にも感じていただきたいです。劇場でお待ちしております!

永咲友梨コメント
早く稽古が始まらないかなとわくわくしています。原作の世界をより生きた姿でお届け出来るよう精一杯演じさせていただきます。

演出・加藤拓也コメント
宮崎さんや永咲さん等何回か一緒した方々も居ますが、今まで彼らとやってきた劇とはまた違う作品。毎日の稽古が楽しみ。

劇団た組。番外記念公演「あの子と遊んじゃいけません」
期間:2016年12月14日(水)~18日(日)※全8公演
会場:LIVESTAGEほっぢポッヂ

スタッフ
原作:どろり「あの子と遊んじゃいけません」(小学館クリエイティブ刊)
作・演出:加藤拓也
企画・製作:劇団た組。、わをん企画

出演
宮崎翔太、浜田由梨、永咲友梨

最終更新:10/6(木) 10:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]