ここから本文です

マークセンがメジャー連勝へ単独首位発進

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/6(木) 19:57配信

◇国内シニアメジャー第2戦◇日本プロシニア選手権住友商事サミットカップ 初日(6日)◇サミットゴルフクラブ(茨城)◇6935yd(パー72)

国内男子ツアーのフォトギャラリー

賞金ランクトップを走るルーキーのプラヤド・マークセン(タイ)が「66」で回り、6アンダーとして単独首位発進を決めた。すでに今季3勝で、現在2連勝中。「日本シニアオープンゴルフ選手権競技」に続くメジャー連勝へ好スタートを切った。

1打差の2位タイにスティーブン・コンラン(オーストラリア)と増田都彦。さらに1打差の4アンダー4位タイには今季から参戦の鈴木亨ら6人が並んだ。

日本プロゴルフ協会会長(PGA)の倉本昌弘ほか、尾崎直道、加瀬秀樹、田村尚之らが2アンダー16位タイ。ディフェンディングチャンピオンの室田淳は1アンダーの29位タイで滑り出した。

最終更新:10/9(日) 18:14

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)