ここから本文です

トム・フォード新作の若手女優、ディズニー実写版「くるみ割り人形」に出演

映画.com 10/6(木) 12:00配信

 [映画.com ニュース] チャイコフスキー作曲のバレエ作品で広く知られる「くるみ割り人形」を、米ウォルト・ディズニーが実写映画化する新作「The Nutcracker and the Four Realms(原題)」に19歳の英若手女優エリー・バンバーが出演することがわかった。バンバーは、トム・フォード監督第2作「Nocturnal Animals(原題)」で、ジェイク・ギレンホールの娘役を演じている注目の女優だ。

 少女クララがクリスマスプレゼントにもらった人形が動き出すというファンタジックな設定のバレエ「くるみ割り人形」は、欧米ではクリスマスシーズンの定番演目。映画版には複数のアニメ作品のほか、エル・ファニングが主演した3D実写版「くるみ割り人形(2009)」がある。

 今回の新作は、同バレエとE.T.A.ホフマンの原作「くるみ割り人形とねずみの王様」を下敷きにしている。気鋭の女性脚本家アシュリー・パウエルが2年かけて執筆した脚本をもとに、スウェーデン出身の名匠ラッセ・ハルストレムが監督。ヒロインのクララ役には「インターステラー」でマシュー・マコノヒーの娘を演じてブレイクした米女優マッケンジー・フォイが決定しており、米Deadlineによれば、バーバーはクララの姉役を演じる。

 そのほかのキャストは、クララにくるみ割り人形をプレゼントするミステリアスな老人ドロッセルマイヤー役にモーガン・フリーマン、シュガープラムの精役にキーラ・ナイトレイ、マザー・ジンジャー役にヘレン・ミレン。また、アフリカ系アメリカ人として初めて、世界最高峰バレエ団のひとつであるアメリカン・バレエ・シアターのプリンシパルになったミスティ・コープランドが、本編中唯一のダンスシーンのリード・バレリーナ役を演じる。

 バンバーは、現在日本公開中の「高慢と偏見とゾンビ」に出演。第73回べネチア映画祭で審査員グランプリに輝いた「Nocturnal Animals」は、12月9日に全米公開される。

最終更新:10/6(木) 12:00

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革