ここから本文です

瀬都あく + teoremaa“アシモフが手品師”、7inchヴァイナル「たねとしかけ」をリリース

CDジャーナル 10/6(木) 17:00配信

 今年8月に発売された自主制作のミニ・アルバム『たねとしかけ』が話題となっている音楽チーム“アシモフが手品師”が、同作から収録曲「たねとしかけ」「N」をピックアップした完全初回生産限定の7inchヴァイナル「たねとしかけ」(TRNS-701 1,500円 + 税)をリリース。“レコードの日”11月3日(木)の発売が決定しています。

 アシモフが手品師は、マームとジプシーのワークショップ公演〈ドコカ遠クノ、ソレヨリ向コウ 或いは、泡ニナル、風景〉や、10月25日(火)より開催される第29回〈東京国際映画祭〉での上映が決定している今泉力哉監督作品「退屈な日々にさようならを」などへの出演を経て、俳優としての幅を広げている“瀬都あく”と、少女閣下のインターナショナルなどへの楽曲提供で知られるクリエイター“teoremaa”によるプロジェクト。7inchヴァイナルは、3776 / 井出ちよの作品をリリースしたばかりの「なりすレコード」と、雑誌「TRASH-UP!!」が主宰する「TRASH-UP!!RECORDS」による共同リリース・ライン“IDOL VINYL 45”の第1弾作品となっています。

最終更新:10/6(木) 17:00

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]