ここから本文です

また新たなる伝説に…ハーレーV-ROD&Sシリーズが販売終了へ

レスポンス 10/6(木) 12:51配信

ハーレーダビッドソンジャパンは、『V-ROD』および『Sシリーズ3機種』が、2016年生産分で販売を終了することを発表した。

[写真25点]

V-RODは2002年に登場した水冷Vツインを搭載したモデル。1994年からレーシングシーンで活躍した「VR1000」をベースに、公道向けモデルとしてポルシェと共同開発された。ハーレーといえば空冷VツインOHVエンジンというイメージを覆し、唯一の水冷DOHCエンジンを搭載。登場時は次世代のハーレーとして、世界中のバイクファンから注目を浴びた。

2008年モデルで1131ccだった排気量を1246ccに拡大。サーキットからフィードバックされたスリッパークラッチなど、先進的な技術が惜しみなく投入された。

最終となる2017年モデルでは「ナイトロッドスペシャル」と「V-RODマッスル」の2機種をラインナップ。いずれもドラッグレーサーから受け継ぐロー&ロングの車体に、パワフルな水冷60度Vツインエンジンを搭載し、強烈な加速が味わえるのが大きな魅力となっている。

また、全世界で大ヒット中で入手困難となっている「Sシリーズ」3機種もまた、2016年生産分で終了してしまう。

Sシリーズは『ローライダーS』『ファットボーイS』『ソフテイルスリムS』の3モデルがあり、通常の1689ccエンジンからスープアップした1801ccエンジンを積み、オートクルーズコントロールを採用するなど装備をより充実させた上級仕様車。発売と同時に予約が殺到し、プレミアムモデルとして認識されてきた。V-ROD、そしてSシリーズ3機種いずれも今後、レアモデルとして扱われていくことが予想される。

なお、ハーレーダビッドソンジャパンの担当者によると「ローライダーSに関しては今期優先的に在庫を確保していきたい」とのこと。全国のHDJディーラーにて手に入れることも可能だという。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:10/6(木) 12:51

レスポンス