ここから本文です

サムスン「ノート7」 最新スマホで最も電磁波の吸収率低い

聯合ニュース 10/6(木) 10:23配信

【ソウル聯合ニュース】韓国電子業界によると、このほど米IT専門サイトのCNET(フランス版)が、フランスで販売されているスマートフォンを調査した結果、サムスン電子の新型スマホ「ギャラクシーノート7」の電磁波の比吸収率(SAR)が0.249ワット毎キログラム(W/Kg)で、最も低かった。

 電磁波のSARは、人体1キロあたりに吸収される電磁波のエネルギー量を示したもの。SARが低いスマホの多くはギャラクシーシリーズだった。

 「ギャラクシーS7エッジ」が0.264W/Kgで2位、「ギャラクシーA5」(2016年型)が0.29W/Kgで3位に入るなど、トップ10のうち7製品がサムスンの製品だった。

 一方、SARが高かったのは、中国・華為技術(ファーウェイ)の「オーナー8」で1.5W/Kgだった。

 サムスンのライバルである米アップルの「iPhone(アイフォーン)」シリーズは、「アイフォーン7」が1.38W/Kgでワースト3位、「アイフォーン7プラス」が1.24W/Kgでワースト4位と、SARが最も高い10製品のうち5製品を占めた。

最終更新:10/6(木) 11:48

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。