ここから本文です

濱田龍臣、斎藤工の少年時代をオールバックで熱演! 『HiGH&LOW THE RED RAIN』

cinemacafe.net 10/6(木) 18:00配信

公開を今週に控えた「HiGH&LOW」第2弾映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』。この度、雨宮兄弟の少年時代の新場面写真が到着。斎藤工演じる長男の少年時代を、濱田龍臣がオールバックで熱演する様が明らかになった。

【写真】濱田龍臣の初だし場面写真

3人は、ガキの頃からずっと一緒のはずだった…。いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴(TAKAHIRO)、感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗(登坂広臣)。対照的なふたりだが、目に見えぬ絆で結ばれていた。彼らには心の底から尊敬する長兄・雨宮尊龍(斎藤工)がいる。幼い頃に両親を亡くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。

しかし1年前、尊龍はふたりの前から突如姿を消してしまう。それから弟たちは兄の行方を探し続けていた。ふたたび巡ってきた両親の命日。尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。だが、そこに現れたのは兄の行方の手がかりを持つ謎の少女・成瀬愛華(吉本実憂)だった。なぜ尊龍は、雅貴と広斗を残して姿を消したのか? 尊龍の行方を追って次々と真実が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明らかとなる。そして三兄弟のたどる運命とは――。

本作で描かれるのは、映画第1弾『HiGH&LOW THE MOVIE』でも活躍した、TAKAHIRO演じる雅貴、登坂広臣演じる広斗の雨宮兄弟。この2人に加え、謎に包まれた雨宮兄弟の長男・尊龍役に、いま注目の実力派俳優・斎藤工を迎え、最強の三兄弟が実現。雨宮兄弟による華麗なアクションに加え、次第に明かされる彼らの過去と真実が胸を打つ感動作となっているようだ。

今回到着したのは、雨宮兄弟の長男・尊龍と広斗の少年時代の場面写真。喧嘩が絶えずクラスメイトや兄である雅貴に歯向かってばかりいるが、尊龍には憧れの眼差しを向けるきっかけのシーン。斎藤さんが演じる長兄・尊龍役の少年時代は、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の子ども時代を演じ、近年では映画『ハイヒール革命!』の初日舞台挨拶で、女装姿を披露して話題沸騰の濱田龍臣。今回はオールバック姿で登場! 目に見えぬ絆が結ばれ始めた貴重なワンシーンとなっている。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日(土)より全国にて公開。

最終更新:10/6(木) 18:00

cinemacafe.net