ここから本文です

ブッフォン、スペインとの再戦を前に「EURO2016での勝利は忘れなければ」

ISM 10/6(木) 16:49配信

 現地時間6日(以下現地時間)に行なわれるW杯欧州予選グループG第2節で、スペインと対戦するイタリア。キャプテンのGKジャンルイージ・ブッフォンは試合前日、EURO2016でスペインを下したことは忘れなければいけないと述べた。

 イタリアは今夏のEURO2016決勝トーナメント1回戦でもスペインと対決。2対0と勝利し、スペインのEURO3連覇の野望を打ち砕いていた。

 ブッフォンはスペインとの再戦を前に「僕が覚えているのは、何としてでも結果を残そうと意気込んで、素晴らしい試合をしたということだ」とコメント。「明日も同じ姿勢が必要だ。情熱、意欲、そして謙虚さが大事になる。EUROで勝ったことを意識してごう慢になり、うぬぼれて試合に臨んだら、それは最悪のミス。あの試合は過去のことであり、今回は、素晴らしい現在と未来をつくるための新たな試合だ」と、過去の勝利によって気を抜いてはいけないと主張した。

 W杯予選で同組となったイタリアとスペインは、それぞれ白星発進。6日の試合はまだ第2節だが、本大会への自動出場権を得られるのは各組1チームだけとあり、ロシアへの切符を手にするための重要な試合となる。

 ブッフォンは「スペインは傷ついているだろう。しかし、すでに新たなサイクルを始めた。我々のようにね」とコメント。「W杯はまだ1年半先のことだけど、僕らはこの試合の価値を自覚しなければいけない」と意気込みをあらわにしている。

 スペインはビセンテ・デルボスケ監督からフレン・ロペテギ監督へと代わり、ベテランのGKイケル・カシージャスがメンバーから外れている。

 38歳のブッフォンは「イケルと会えないのは不思議な感じだろうね。でも、僕らの“賞味期限”が迫っているという表れでもある」とコメント。「だけど、まだここにいることを誇りに思う。最多代表キャップ数を目指してね」と高い目標を掲げた。

 欧州ではラトビアのヴィタリス・アスタフイェフスが167キャップで最多記録を保持しており、ブッフォンはあと4試合で並ぶことができる。エジプトのアーメド・ハッサンの持つ記録に並ぶには、あと21試合に出場しなければならない。(STATS-AP)

最終更新:10/6(木) 16:49

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]