ここから本文です

W杯48チーム案、王者ドイツのレーヴ監督は否定的「クオリティが下がる」

ISM 10/6(木) 16:50配信

 ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は現地時間5日(以下現地時間)、FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長が提案したW杯の48チーム制に否定的な見解を示した。

 インファンティーノ会長は3日、W杯を48チームの大会とし、32チームがプレーオフラウンドをこなして、勝利した16チームとシードの16チームの32チームが以降のラウンドを行なう形式を提案している。

 しかし、独『dpa』によると、レーヴ監督は「具体的なプラン」は知らないとしつつ、現行の32チーム制が「素晴らしくて理想的」だと述べている。2014年大会でドイツを優勝に導いている同監督は、「W杯やEUROに出場するのは、ベストのチームたちでなければいけない。参加チーム数を増やし続ければ、クオリティが下がる」と、チーム数の増加は大会レベルの低下につながると指摘した。(STATS-AP)

最終更新:10/6(木) 16:50

ISM