ここから本文です

「ココロボ」が歌うロボット掃除機に進化、家族の伝言も歌いながら伝える

MONOist 10/6(木) 5:55配信

 シャープは、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4~7日、幕張メッセ)において、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」の新たな開発コンセプトを展示した。ヤマハの音声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」とのコラボレーションによって「歌う家電」になるとともに、人工知能(AI)技術の応用で学習/進化するという。

【5つあるシャープ公式VOCALOID楽曲の紹介画像】

 COCOROBOは2012年の発売当初から音声認識機能を持っていたが、会話応答機能については約30パターンの録音音声から選んでいた。その後、インターネット接続が可能になり、音声合成によって自由に会話できるようになった。今回の開発コンセプトでは、自由な会話からのプラスアルファを検討し、VOCALOIDとのコラボに至ったという。

 開発コンセプトのCOCOROBOの中には、プレミアム版のCOCOROBOの発売時に採用したキャラクター「COCOROBOちゃん」が暮らしている設定で、「COCOROBOが掃除するときには、COCOROBOちゃんが歌いながら掃除してくれる」(シャープの説明員)という。歌う楽曲は、センサーなどから得たさまざまな情報を基に判断したユーザーの状態などに合わせて選ぶ。「COCOROBO MUSIC A.I.エンジン」によってユーザーの好みなども学習していく。

 今回の開発コンセプトに合わせて、以前にCOCOROBOちゃんの声優を務めた木戸衣吹さんによるVOCALOIDのライブラリも収録。展示では、開発コンセプトのCOCOROBOが歌う5つの公式楽曲も紹介した。

 「家族の伝言なども歌いながら伝えてくれる」(同説明員)というCOCOROBOの開発コンセプトだが、発売時期は未定だ。

最終更新:10/6(木) 5:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。