ここから本文です

軽自動車販売、N-BOX が2年連続トップ 2016年度上半期車名別

レスポンス 10/6(木) 15:26配信

全国軽自動車協会連合会が発表した2016年度上半期(4~9月)の軽四輪車通称名別新車販売台数によると、ホンダ『N-BOX』が8万5503台(前年同期比10.7%増)で2年連続のトップとなった。

[関連写真]

2位は前年同様、ダイハツ『タント』で7万0119台(同5.2%増)、首位N-BOXとの差は1万5384台。3位には4万5716台(同12.0%減)のスズキ『アルト』が入った。前年3位の日産『デイズ』は燃費不正問題による販売停止の影響で、トップ10入りできなかった。

2016年度上半期の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年度同期比)。

1位:N-BOX(ホンダ)8万5503台(10.7%増)
2位:タント(ダイハツ)7万0119台(5.2%増)
3位:アルト(スズキ)4万5716台(12.0%減)
4位:スペーシア(スズキ)4万0764台(11.4%増)
5位:ハスラー(スズキ)4万0204台(13.6%減)
6位:N-WGN(ホンダ)3万9435台(6.1%増)
7位:ワゴンR(スズキ)3万6778台(29.3%減)
8位:ミラ(ダイハツ)3万3667台(21.9%減)
9位:ムーヴ(ダイハツ)3万3497台(36.4%減)
10位:キャスト(ダイハツ)2万8660台(311.3%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/6(木) 15:26

レスポンス