ここから本文です

ベルカントが引退、繁殖馬に 初年度はキズナと交配予定

デイリースポーツ 10/6(木) 6:05配信

 15、16年のサマースプリントシリーズを連覇したベルカント(牝5歳、栗東・角田)が現役を引退し、北海道新冠町のノースヒルズで繁殖生活に入ることになった。6日付で登録を抹消される。通算成績は21戦6勝(うち重賞5勝、海外1戦0勝)、獲得賞金2億6070万3000円。2日のスプリンターズS10着が最後のレースとなった。

 初年度は13年の日本ダービー馬キズナと交配予定。角田師は「最後のG1は残念な結果に終わりましたが、無事に繁殖へ送り出せるのが何より。キズナとの子は楽しみ。いい子を産んでほしいです」とエールを送った。

最終更新:10/6(木) 7:34

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革