ここから本文です

安藤サクラ出演「島々清しゃ」、沖縄舞台に音楽を通じて変化する少女描く

映画ナタリー 10/6(木) 13:05配信

新藤兼人の孫・新藤風が監督を務めた「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の公開日が2017年1月21日に決定。このたびポスタービジュアルが解禁され、予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

沖縄・慶良間諸島を舞台にした本作は、特殊な音感を持つ女子小学生・うみと、コンサートのため東京からやってきたヴァイオリニスト祐子の交流を描くヒューマンドラマ。よすぎる耳のせいで変わり者扱いをされてきたうみが、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで変化していく姿を追う。「湯を沸かすほどの熱い愛」の伊東蒼がうみを、「百円の恋」の安藤サクラが祐子を演じる。ほかキャストには、山田真歩、渋川清彦、民謡唄者の金城実らが並ぶ。

約2分間の予告編には、少しずつ周囲に心を開いていくうみの姿を収録。また祐子がヴァイオリンを弾く様子や、島の美しい自然などが切り取られている。

「島々清しゃ」は東京・テアトル新宿ほかにて全国ロードショー。なお本作は、10月25日に開幕する第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品される。



(c)2016「島々清しゃ」製作委員会

最終更新:10/6(木) 13:05

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]