ここから本文です

元フィスカー会長、新会社を立ち上げ…新型電動車両を開発へ

レスポンス 10/6(木) 16:33配信

フィスカーオートモーティブの元会長、ヘンリック・フィスカー氏。同氏が、新たな電動車両の開発プロジェクトを立ち上げた。

ヘンリック・フィスカー氏といえば、フィスカーオートモーティブの創業者であり、プラグインハイブリッドスポーツカー、『カルマ』のデザイナーとしても知られる。以前は、BMWで『Z8』、アストンマーチンで『DB9』/『V8ヴァンテージ』のデザインを手がけた。

2013年3月、同氏はフィスカーオートモーティブの会長を辞任。ヘンリック・フィスカー会長は、資金不足によるカルマの生産停止を解消しようと、中国企業からの出資交渉を進めていた。しかし、他の取締役との間で、意見の相違があったため、会長職を辞し、フィスカーを去った。

そんなヘンリック・フィスカー氏だが、10月4日、自身のTwitterを通じて、新会社のフィスカーIncの立ち上げを発表。同時に、新しい電動パワートレイン車を予告するスケッチを1点、公開した。

ヘンリック・フィスカー氏は、「オリジナルのフィスカーが復活。誇りを持って、フィスカーIncを立ち上げる。画期的なバッテリー技術を搭載する予定」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/6(木) 16:33

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。