ここから本文です

オノ・ナツメ初の“食"マンガ!オムニバス新連載が本日からWebで

コミックナタリー 10/6(木) 13:33配信

オノ・ナツメの新連載「どこかでだれかも食べている」が、本日10月6日に文藝春秋のWebサイト・コミックエッセイルームにてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作はオノが初めて“食”をテーマに描いたオムニバス。食べることとお酒が好きなオノによる、どこにでもある食卓のシーンや、誰もが食べたことがあるものにまつわるストーリーが繰り広げられていく。第1話で描かれたのは、各3個入りになったプリンとヨーグルトを巡る母と娘2人の姿。今後は月1回のペースで更新されていく。

新連載にあたり、オノは「作品のなかで食事のシーンは描いてきましたが食べ物にまつわる連載はこれが初めてになります。どうぞよろしくお願いいたします」とコメントを寄せている。

最終更新:10/6(木) 13:33

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]