ここから本文です

【パリモーターショー16】アウディ RS3 セダン、室内もスポーツ性を主張

レスポンス 10/6(木) 17:07配信

ドイツの高級車メーカー、アウディが9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16でワールドプレミアした『RS3セダン』。インテリアにも、スポーツ性を主張する仕上がりが施される。

[画像10点:アウディ RS3 セダン]

RS3セダンの室内は、ダークカラーでまとめられた。ドアを開けると、RS3のロゴを備えた照明付きドアシルが乗員を迎えてくれる。RSスポーツレザーステアリングホイールは、フラットボトムデザイン。インパネとドアトリムのインレイが、スポーティかつエレガントなインテリアを演出する。

標準仕様のスポーツシートには、上質なブラックのナッパレザーを使用。バックレストの部分にRSロゴが刻まれる。オプションで、サイドサポート機能などを高めたヘッドレスト一体型のRSスポーツシートを用意。このシートの場合も、ダイヤモンドパターンのステッチが施された。

ドライバー正面の2つのメーターは、ブラックをベースに、赤い指針と白いスケール。中央に配置されたドライバーインフォメーションシステムには、ブースト計、油温計、ラップタイマーが追加された。フルデジタルのアウディ バーチャル コクピットもオプション設定。高解像度を誇る12.3インチモニターの画面は、3つのディスプレイモードから選択できる。

このうち、RSモデル専用に設定された基本画面では、中央にレブカウンターが大きく映し出され、その両側に、タイヤ空気圧、トルク、Gフォースなどの情報を表示。トランスミッションをマニュアルモードにしている際には、カラーのバックグラウンドを備えたメーターが表示。エンジン回転数がレブリミットに近付いている場合には、ステアリングホイールのパドルシフトかセレクターレバーを使ってシフトアップするよう、ドライバーに促す。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/6(木) 17:07

レスポンス