ここから本文です

【パリモーターショー16】トヨタ C-HR、自然吸気の2.0リットル設定…欧州

レスポンス 10/6(木) 17:43配信

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、『C-HR』の欧州仕様車を初公開した。

[画像5点:トヨタ C-HR]

パリモーターショー16で初公開された欧州仕様で注目されるのは、豊富なパワートレイン。日本向けの2種類に1種類を加えて、合計3種類のエンジンを用意した。

日本仕様に設定されないのが、自然吸気の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン。最大出力145ps、最大トルク19.2kgmを発生する。

トランスミッションは、CVTの組み合わせのみ。なお、トヨタモーターヨーロッパは、「自然吸気の2.0リットルは、ウクライナやコーカサス地域など、欧州の一部市場に投入する」とコメント。

ハイブリッドと1.2リットルターボは、基本的に日本向けと共通。ハイブリッドは1.8リットル直列4気筒ガソリン+モーターが、最大出力122psを発生。『オーリス』にも搭載された1.2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力116ps、最大トルク18.9kgmを引き出す。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/6(木) 17:43

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。