ここから本文です

「Chromebookは2000万人の生徒が使っている」とGoogle

ITmedia ニュース 10/6(木) 11:32配信

 「世界で2000万人以上の生徒がChromebookを使っている」──。米Googleは「World Teachers’ Day(世界教師デー)」の10月5日(現地時間)、そう発表した。

昨年10月の時点では1000万人だった

 同社は2015年10月にはChromebookを使っている生徒数を1000万人と発表しているので、1年で倍増したことになる。

 米調査会社IDCは7月、米国における第2四半期(4~6月)のPC市場が数四半期ぶりにプラスに転じたのは、教育機関によるChromebook購入の影響が大きいと指摘した。

 Googleは5月から、一部のChromebookでGoogle PlayストアのAndroidアプリを使えるようにしている。これで利用できるアプリが大幅に拡大したことも、Chromebookの普及に貢献しているようだ。

 Chromebook搭載のOS「Chrome OS」については、Android OSと統合されるといううわさがあるが、Googleは、少なくとも教育市場では(どんなOSが載るにせよ)Chromebook(あるいは別ブランドの専用OS搭載PC)の提供を続けるとみられる。

最終更新:10/6(木) 11:32

ITmedia ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革