ここから本文です

【ロサンゼルスモーターショー16】キャデラック エスカーラ、モーターショーデビューへ

レスポンス 10/6(木) 18:15配信

米国の自動車最大手、GMの高級車ブランド、キャデラックが8月中旬、米国で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で初公開した『エスカーラ コンセプト』。同車がモーターショーデビューを飾る。

画像:キャデラック エスカーラ コンセプト

これは、米国で11月中旬に開催されるロサンゼルスモーターショーの主催団体が明らかにしたもの。「キャデラックが、エスカーラ コンセプトをモーターショーデビューさせる」と発表している。

エスカーラ コンセプトは、今後のキャデラックのデザインとテクノロジーに対する理念を明確化する1台。キャデラックが進める拡大路線を、新たな段階へと導くコンセプトカーになる。

エスカーラ コンセプトは、ドライバーが走りを楽しむための車であるとともに、快適な乗り心地を味わうためのフラグシップセダン。大型の4ドアセダンは、大胆なリフトバックデザインが特徴。

ボディサイズは、全長5347mm、全幅1948mm、全高1455mm、ホイールベース3228mm。キャデラックの市販車の最上級車、『CT6』よりも約160mm長い。『エスカーラ』は、スペイン語で「スケール」を意味し、CT6よりもさらに格上の存在感を持ち合わせた最高級セダンとした。

パワートレインは、新開発の4.2リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジン。このエンジンは、今後キャデラックの市販車に採用される予定。アクティブ・フューエル・マネージメントテクノロジーを採用。4気筒での運転によって、燃料消費量を抑えることを可能にしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/6(木) 18:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。