ここから本文です

「FMV」はどうなる? 富士通がLenovoとPC事業統合か

ITmedia ビジネスオンライン 10/6(木) 11:46配信

 富士通がPC事業を世界最大手の中国Lenovoグループと統合する──という報道が10月5日夜に流れると、「NECに続き富士通もか」「『FMV』ブランドはどうなる」といった、嘆きにも似た声がTwitterに次々と投稿されている。

 NHKや産経新聞などの報道によると、富士通が今年2月に分社化したPC事業子会社「富士通クライアントコンピューティング」にLenovoが過半出資する方向で、月内にも合意する可能性があるという。福島県伊達市、島根県出雲市の生産拠点は維持するが、「FMV」ブランドの行方は現時点で決まっていないようだ。

 富士通は報道について「当社が発表したものではない。当社は2月にPC事業を分社化し、現在、分社化後の事業成長に向け、本件を含めて、様々な可能性を検討

しているが、決定しているものはない」とコメント。Lenovoとの統合も選択肢の1つとして検討していることを認めた。

 昨年には富士通と東芝、ソニーから独立したVAIOがPC事業を統合するという案が取りざたされたが、今年4月には白紙になったと報じられた。3社統合のメリットが見込みにくいことが理由だったという。

 Lenovoは米IBMからPC事業を買収し、「ThinkPad」ブランドを擁するトップ企業に躍進。2011年にはNECのPC事業を統合している。

 「FMV」は、8ビットPC「FM-7」や、いち早くCD-ROMドライブを取り入れた「FM TOWNS」を経た富士通が1993年にPC/AT互換機として発売。スペックの割に安価だったこともあり、Windowsブームに乗って販売を拡大。一時は国内シェアトップを獲得していた。

最終更新:10/6(木) 11:46

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。