ここから本文です

広島 CS向け練習試合、初回に先制点

デイリースポーツ 10/6(木) 13:44配信

 練習試合「広島-JR西日本」(6日、マツダスタジアム)

 広島が初回、1番・田中からの3連打で、先制点を奪った。

 JR西日本の先発は、元DeNAの加賀美。先頭の田中が、フルカウントから中前打で出塁すると、続く菊池はバントの構えからバスター。鮮やかに三遊間を抜き一、三塁を作った。ここで続く丸は2-2から5球目、内寄り低めの130キロ変化球を強振。打球は右翼前で弾んだ。

 1日の今季最終戦から中4日。実戦間隔が空く中で、カギを握る上位打線が初回から躍動した。練習試合の打順は以下の通り。

1番(遊)田中

2番(二)菊池

3番(中)丸

4番(一)新井

5番(右)鈴木

6番(三)ルナ

7番(左)エルドレッド

8番(捕)石原

9番(指)松山

投手はジョンソン

最終更新:10/6(木) 13:49

デイリースポーツ