ここから本文です

「シィンェンボスで飯しゃンもじ」 ドイツで見つけたしゃもじに“新言語”が書かれていると話題に

ねとらぼ 10/6(木) 13:01配信

 Twitterユーザーの@qwertissueさんの友人がドイツで見つけたしゃもじに、“日本語をはるかに超越した新たな言語”が記されていると話題になっています。一体何が書かれているのかと思ったら、確かに新言語としか言いようがない謎の文章が記されていました。

【画像】衛生ごす

 商品説明には「シィンェンボスで飯しゃンもじ(つシ素抗菌)」という謎の文章が。さらにその右側には、「ハイキガつきにくい」「衛生ごす」「てんな所に細菌がつきやすい!」などのナイスフレーズ並んでごす。

 あまりにも理解不能ですが、リプライ欄では「シィンェンボスで飯しゃンもじ」は「ツインエンボスご飯しゃもじ」、つまりダブルエンボス加工のことで、「つシ素抗菌」は「フッ素抗菌」ではないかとのコメントが、すごい、多分それだ! なぜ分かる……!?

 ちなみにこのしゃもじ、ところどころ中国語らしき表記があることから、中国から流れてきた商品ではないかとの意見も。確かに、日本語の崩壊した商品といえば、中国産のイメージが強いでごすね。

 しかし、結局「ハイキガつきにくい」とはなんなのでしょうか。「バイキンがつきにくい」なのかな……?

最終更新:10/6(木) 13:01

ねとらぼ