ここから本文です

軽復調の兆し、N-BOX が 1年半ぶりの首位奪還…新車販売総合 9月車名別

レスポンス 10/6(木) 19:41配信

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会がまとめた、9月の車名別新車販売台数によると、ホンダ『N-BOX』が2万0406台(16.9%増)で1年6か月ぶりにトップとなった。

[写真:トヨタ・プリウス]

9か月連続で首位を独走していたトヨタ『プリウス』は2万0043台(111.7%増)で2位転落、首位N-BOXとの差はわずか363台だった。3位は前月同様、トヨタ『アクア』で1万5493台(15.5%減)だった。

7月にはトップ10入りが2台のみと落ち込んだ軽自動車勢だが、8月は4台、9月は5台と、徐々に復調の兆しを見せている。

9月の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:N-BOX(ホンダ)2万0406台(16.9%増)
2位:プリウス(トヨタ)2万0043台(111.7%増)
3位:アクア(トヨタ)1万5493台(15.5%減)
4位:シエンタ(トヨタ)1万2290台(9.0%増)
5位:タント(ダイハツ)1万2034台(13.2%減)
6位:デイズ(日産)1万0939台(21.1%減)
7位:フィット(ホンダ)1万0226台(19.7%増)
8位:ヴォクシー(トヨタ)9525台(17.4%増)
9位:アルト(スズキ)8632台(11.3%減)
10位:スペーシア(スズキ)8396台(5.4%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/6(木) 19:41

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革