ここから本文です

ドローン操縦士協会発足、操縦認定資格三級を取るには?

レスポンス 10/6(木) 20:00配信

DPA(ディーパ:一般社団法人ドローン操縦士協会)の発足発表会が10月6日に都内で行われた。産業用ドローンの発展や研究開発、そしてパイロットの育成に力をいれる同協会は、日本で初めてドローンの認定資格を創設した。そのベースとなる三級の中身を見ていきたい。

[関連写真]

今回創設されたのは「ドローン操縦士回転翼三級」。ドローン初心者が対象で、操縦時間など受講に必要な要件や資格は特にない。

「小型無人機を安全に飛行させるために必要な基礎知識」と「小型無人機を安全に操縦する基本技術」が大まかな認定内容となる。試験は「DPAもしくは特別会員(ドローンスクール認定校)」が実施し、DPAが認定証を発行する。自動車教習に例えれば、ドローンスクールが教習所で、DPAが免許を発行する警察機関というところだ。

資格を経るための要請カリキュラム、いわば”教習”は学科と実技の2つ。実際の航空機パイロットとまではいかないが、航空工学や操縦、航空気象、通信、関連法規を学び、屋内と屋外における目視内での基本操作などの実技を受講する。

カリキュラムを終了したら、学科と実技両方の試験を受験し(カリキュラムを行っているスクールなどが主に実施)、学科で正答率60%以上、実技はDPA公認インストラクターの判断で合否が決まる。これら双方が合格基準を超えれば、「ドローン操縦士回転翼三級修了証」が発行、つまり資格認定となる。

ちなみにこの資格は民間資格であるため、特別な罰則規定などは今の所なく、あくまで事業用にドローンを使用する場合を目的としたもので、ホビーとしてのドローン遊びを規制するものではない。

《レスポンス 阿部哲也》

最終更新:10/7(金) 0:34

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。