ここから本文です

日高郁人「20周年興行」開催発表 2千万円マイホーム付き観戦チケット発売

東スポWeb 10/6(木) 19:29配信

 日高祭20実行委員会が6日、横浜市内で会見し、プロレス団体「ゼロワン」に所属する日高郁人(44)の20周年特別記念興行「日高祭20」(来年3月15日、東京・江東区の豊洲PIT)を開催すると発表した。

 発起人は元バトラーツの澤宗紀(37)が務め、一大プロジェクトとしてメモリアル大会を盛り上げることになった。全4~5試合が予定され、日高は希望する選手とのタッグマッチのほか、「20」にちなんだ「20人掛けマッチ」に挑戦する。

 なにより注目を集めそうなのが、一般チケットのほかに3タイプ設定された“プレミアムチケット”だ。最高額はなんと2000万円で、観戦シートのほかマイホームが付く。東京・町田市の土地付き一戸建てか、埼玉・東武動物公園駅徒歩5分の3LDKマンションのいずれかがプレゼントされる。

 このほか200万円チケットは「南国ツアーVIP」(行き先は未定)で、20万円席では「ご縁の国しまねツアーVIP」がつく。日高本人に出身地の島根を案内してもらえる特典がある。澤は「普段プロレスを見ない人のアンテナにも引っかかれば」と同チケット設定の意図を説明した。

 試合当日はさまざまなイベントを開催され、親交のある世界的パフォーマンスグループ「電撃ネットワーク」やお笑いコンビ「ニッチェ」らもゲスト出演する予定だ。

 また記念興行に向け、日高のデビュー年(1997年1月21日)前後に生まれた20歳前後の美女サポーター20人を募集。「日高ガールズ」の名称でPR活動を行う。

 この日の会見で日高は、電撃ネットワークの南部虎弾(65)からクラッカーを口の中に放たれ、一足早い祝福を受けた。

「20年は一つの目標だった。昔は『ちょっとでも動きが落ちたら引退するべき』と思っていて、40代半ばで引退かなと思った時もあったけど、体力が全く落ちない。これも練習のたまものだと思う。これを一つの通過点にして、21年目以降もいいコンディションでリングに上がりたい」と話した。

最終更新:10/6(木) 19:29

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]