ここから本文です

漫画「トリコ」の「オートファジー」登場回を無料公開 大隅教授ノーベル賞受賞記念

ITmedia ニュース 10/6(木) 13:15配信

 「オートファジー」(自食作用)の研究で東京工業大の大隅良典栄誉教授にノーベル医学・生理学賞の授与が決まったことを受け、集英社は10月5日から、「週刊少年ジャンプ」連載漫画「トリコ」(島袋光年作)にオートファジーが登場する回3話分を無料公開している。12日までの1週間限定。アプリ「少年ジャンプ+」かWebで読める。

 オートファジーは、細胞内のタンパク質を“リサイクル”する仕組み。「トリコ」では7年前に掲載された第48~50話で、飢餓状態に陥ったトリコの体内でオートファジーが発動する――というストーリーでに登場しており、「学者が認める正確な解説が読める」としている。

 少年ジャンプ+ではこのほかにも、作品のユニークな無料公開の試みが行われていおり、10月6日には、Twitterで指定のハッシュタグをつけて「ハイキュー!!」の応援コメントをつぶやくと、ツイート数に応じてハイキュー!!のエピソードが公開されるという取り組みを行っている。

最終更新:10/6(木) 13:15

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]