ここから本文です

ネット検索すると「最も危ない有名人」は、誰?

@IT 10/6(木) 13:16配信

 米インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)は2016年10月5日、2016年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(Intel Security Most Dangerous Celebrities)」の結果を発表した。

2016年版「ネット検索でリスクの高い有名人」TOP10

 近年、ますます巧妙化するサイバー攻撃。同社によると、アワードの獲得、テレビ番組への露出、映画のプレミア、音楽アルバムのリリース、不倫や破局など、有名人のゴシップに関心の高いユーザー心理を悪用して、マルウェアを仕掛けたサイトに誘導し、パスワードや個人情報を盗み取ろうとする脅威も多発しているという。本調査は、こうした大衆心理につけ込んだサイバー攻撃を未然に防ぐ目的で、俳優やコメディアン、ミュージシャン、テレビ番組の司会者、スポーツ選手といった著名人をインターネットで検索した際のリスクを調査し、ランキングとして発表したもの。

 2016年度の「最もリスクの高い有名人」は、女性コメディアンで、作家、女優、プロデューサーとしても活躍するエイミー・シューマー(Amy Schumer)さん。例えば、「Amy Schumer」と、ある単語を組み合わせて検索すると33%の割合で悪意あるサイトに誘導されるという。

 2位はカナダのポップミュージシャンで俳優のジャスティン・ビーバーさん、3位はテレビ番組の司会者であるカーソン・デイリーさんだった。

 調査では、マルウェアに誘導される危険性のある「Torrent」「Free MP4」「HD download」といった単語とともに、Google、Bing、Yahoo!で検索し、危険なサイトを特定。それを基に、総合的なリスク指数を算出した。もっとも、「インターネット検索で最もリスクが高い」とは、それだけ影響力があり、魅力があり、人気の高い有名人であることを意味するとしている。

最終更新:10/6(木) 13:16

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。